今月の注目スタッフバンダナマン

バンダナマンは、このコーナー初の「厨房専属スタッフ」ですが、厨房の中での苦労話があれば聞かせてください。

バンダナマンのバンダナ「熱い!」とにかく夏の厨房は熱いですね!
エアコンをガンガンに効かせていても、ひっきりなしにオーダーが通ってくるため、もうほんとサウナ状態ですよね。
今ではもう慣れましたけど、お店に入った当初はこの熱さには相当まいりました。
ただ、そんな熱い熱い厨房で「石焼ピビンバ」なんかを作っていると、あるときを境に、だんだんと気持ちがHighになってくるんですよ。これが店長からおしえられた「厨房's High」て状態なんですよね。「いこうぜ!灼熱の向こう側へ!」みたいな。とにかく日々ハイテンションで、なんとか乗り切っています。

 

おもてに立って接客をするホールスタッフではなく、厨房役を選んだのには何か訳があるんですか?

ホルモン至上主義最初は、お客様と直接話すことができるホールスタッフもいいかなと思ってたんですけど、まずは洗い物から入りますよね。で、その横で店長がお肉を美味しそうに、鮮やかに盛りつけしているのを見て、面白そうと思ったのがキッカケです。独学ですが、ポッサムの新鮮なお肉をより美味しく召し上がっていただくために、お皿や器のチョイス、付け合わせやトッピングの色合い、立体的な盛りつけなどを店長と一緒に研究しています。自分の仕上げたお皿をお客様が褒めてくださり、写メとか撮っていただいているところを見ると本当に嬉しいですね。

 

それでは、最後に今後の抱負などを聞かせてください。

もはや関西人の挨拶「なんでやねん!」現在は大学生ですが、勉強と焼肉道の両立を目指してこれからもがんばっていきたいと思います。

これから熱い季節になっていきますが、灼熱の厨房で一生懸命お作りしますので、どんどん「石焼メニュー」のご注文を、お待ちしております。

あと、熱烈なプロ野球・読売ジャイアンツのファンですので、ジャイアンツの選手の皆様、関西方面にお越しの際には、ぜひ焼肉ポッサムチプにお立ち寄りください。